眠気覚ましの方法で仕事中は?食後は集中力のツボを押して対策しよう

   

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s仕事中の眠気覚ましの方法としてあなたはどのように対処していますか?仕事中にも関わらず、眠気が襲ってきてウトウトしてしまうときがありますよね。特にお昼を食べた後は眠気がピークに達します。学生じゃないので、ウトウトしながら仕事をするわけにはいきません。

今回は、仕事中の眠気覚ましの方法や集中力を高めるツボについてお伝えするので、まだ試していない方法があれば参考にしてみてください。

  

眠気覚ましの方法で仕事中は?

眠気対策としてよく行う方法は、ガムやフリスクなどを口に含んだり、ストレッチを行うなどが多いと思います。業種によっては可能なものもありますが、一時的に和らいだとしても、またしばらくすると眠気がやってきます。これではなかなか仕事に集中できないですよね。

深呼吸する

眠気が襲って来るときは、酸素が不足しているので深呼吸をして体に酸素を取り込みましょう。酸素を取り込むことにより血液の循環を良くします。

息を限界まで止めるのは…?

息を限界まで止めて、その後深呼吸をするという方法があったので試してみました。限界まで止めることで心臓の鼓動が早く動いていることが分かります。その後深呼吸をして酸素を体に取り込むのですが、私の場合は深呼吸して落ち着いて来たら早い段階で眠くなりました。

この方法は、息を限界まで止めることによって脳に危機的状況がきていると認識させることで、眠気を忘れさせようという方法です。息を限界まで我慢するので結構疲れます。無理をすると危険なこともあるのであまりおすすめはしません

ぶどう糖の摂取

脳が低糖状態になると眠気が起こります。ぶどう糖を摂取して眠気を解消しましょう。

耳たぶを下に引っ張る

耳たぶをつまんで下に向かって軽く引っ張ります。耳たぶを持つ手に少し力を入れてつまむと痛いです。思っている以上な痛みが走ります。この痛みだけでも眠気がなくなりそうですので、眠気が来たら誰かに引っ張てもらうのもありかもしれません。ただ、自分で引っ張っても痛いので気を付けてください。耳たぶの裏には眠気を覚ますツボがあるので、無理のないように1分くらいを目安に引っ張ってみてください。

食後の眠気の覚まし方は?

仕事をしている中で、お昼を食べた後で15時くらいまでが眠気のピークではないでしょうか。食べ物の消化にはエネルギーを使うので眠気が起こりやすくなります。

食事で摂取されたブドウ糖を分解するインシュリンというホルモンが、食後は正常にコントロールされないため血糖値がバラつき眠気が起こるとされています。約3時間くらいで落ち着くので15~16時くらいには眠気が治まっていることが多いです。

食後には眠くなることがわかっているので、先に仮眠をしてしまうのがいいでしょう。昼ご飯を食べ終わった後に、10~15分仮眠をします。15分の仮眠では3~4時間くらいの睡眠と同じ効果があると言われています。少しでも昼に仮眠をしておけば、一番眠たくなる時間を耐え忍ぶことが出来ます。

食べ物を消化しているので体温も高くなります。体温が上がると眠気が起こりやすくなるので、濡れたタオルなどで首を冷やすとスッキリして眠気も治まります。

歯磨きにも眠気覚ましの効果があるのはしっていますか。歯茎が刺激されることで、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑える効果があります。歯を磨いて口も眠気もスッキリすれば一石二鳥ですね。

眠気は集中力のツボで対策

集中力を高めることで、眠気を感じることなく仕事に取り組むことが出来ます。集中力を高めるツボを紹介するので、集中したいときには押してみてください。

・気海(きかい)
おへそから指2本分(人差し指と中指)真下にあります。

・身柱(しんちゅう)
首を前に倒したときに首の付け根の辺りに背骨の突起が現れるのですが、その突起の3つ目と4つ目の間に位置します。

・少衝(しょうしょう)
左手の小指の爪の付け根にあり、薬指に近い方にあります。ストレスの緩和の効果もあります。

・労宮(ろうきゅう)
手のひらの中央にあり、こぶしを握った時の中指と薬指の先端の間に位置します。

最後に

眠気を覚ます方法は、状況によって試せるものとそうでないものとあるので状況に応じて使い分けてください。体温が高くなると眠くなりやすいので、眠気が来たら1枚服を脱いで体温を下げてみるのも効果があります。眠気に打ち勝ち今日も仕事を乗り切りましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

 - カラダ ,