お盆玉とは?お年玉と何が違うのか 郵便局が関係している理由とは?

   

871358a13d105e83b189480398a1767c_sここ数年でお盆の時期が近づくと、雑貨や文房具のコーナーでお盆玉袋というポチ袋を目にする機会が増えてきました。郵便局でもポチ袋が売っているのには驚きました。お盆玉とはいったい何なのでしょうか。

今回は、お盆玉とお年玉の違いや郵便局と関係している理由についてお伝えしたいと思います。

  

お盆玉とは?

2010年に山梨県にあるマルアイという会社が、「お盆玉」という造語を商標登録しました。そして、お盆玉と書かれた夏の風物詩が描かれているポチ袋を販売しました。2014年には郵便局でもお盆玉袋が販売されるようになり、全国へ知られるきっかけになっていきました。

最近の風習として思われがちですが、山形県の一部の地域では江戸時代からあった風習でした。当時は、お金ではなく衣服や下駄などを奉公人(雇われて家事や家業を行う人)へ「お盆小遣い」として渡す習慣がありました。この習慣が昭和の初期頃には、子供にお小遣いをあげる習慣へと変化していきました。

マルアイによればお盆の時期に帰省してくる子どもや孫たちに、お小遣いをあげる新しい習慣を広げるためにポチ袋をお盆玉として販売し始めたそうです。

マルアイは製紙品や産業包装用品の製造、販売を手がけているそうでポチ袋の製造販売もしています。メディアでお盆玉が取り上げられることもあり、年々お盆玉の存在が広まっています。

お年玉とお盆玉にちがいはあるの?

お盆玉は、今と渡すものは違いますが元々は小遣いとして渡していました。お年玉は、小遣いとして渡したのが始まりではありません。

昔は、年が明けると神様をもてなして、そのお返しとして新しい魂をもらうことで1年間健康に生きることができると考えられていました。新しい魂をもらえるのは家の主しかもらうことが出来ませんでした。当然ながら目に見ることはできません。形あるものとして、子供たちに魂を分け与えたものがお年玉となったと言われています。

お金をあげるという行為自体は一緒かもしれませんが、始まりのきっかけが全然違いますね。

お盆玉はあげるものなのかどうかは、親戚同士で話し合いをした方がいいかもしれませんが、最近のお盆玉は企業が仕掛けた部分も大きいので無理をしなくてはいいのではないでしょうか。

お小遣いをあげて子供の喜ぶ顔が見たい場合であればお盆玉としてあげましょう。今ではポチ袋に「自由研究費」「宿題がんばれ」などといった印刷のされているものもあるので、ポチ袋の種類によって子どもの受け取る印象も変わり、お金の使い道も変わっていくのではないでしょうか。

お盆玉と郵便局は何か関係しているのか?

お盆玉が広く知られるようになったきっかけが、郵便局で販売し始めたことだと言われています。なぜ郵便局でお盆玉袋が販売されるようになったのでしょうか。

その理由については、郵便局は手紙や贈り物もそうですが人と人をつなぐのが役割でもあるので、お盆玉袋も人と人をつなぐきっかけになればと思い販売を始めたそうです。

人と人をつなぐきっかけがお盆玉であるのが良いのか悪いのかはわかりませんが、このような理由で郵便局でも販売を開始したそうです。

一部では、年に2回もお金を渡していたら家系が苦しくなる、余分な習慣を全国に広めないでほしい、企業の戦略があからさまなどと批判的な声が多いのも事実です人それぞれで考え方が違うと思うので、親戚同士でしっかりと話し合いをすることをおすすめします。

最後に

お盆玉がお年玉のような習慣になるかどうかは、もう少し時間が経たないとわかりません。知人などがどのようにしているのかなども、参考にしてみてはいかがでしょうか。最後までお読みいただきありがとうございました。

 - お盆 ,