お盆玉の相場や袋はどうすればいいの?お年玉も上げるの?

   

ec2b7bc99552633a9b99e2a7ce92f07e_sお盆玉とは、お盆の期間に帰省してくる孫や親類の子供にあげるおこずかいのことを言います。年始にあげるお年玉のお盆バージョンというとわかりやすいと思います。

江戸時代に山形県の一部の地域で、衣類や下駄などを奉公人(雇われて家事や家業を行う人)へ「お盆小遣い」として渡す習慣があり、この習慣が昭和初期には子供にお小遣いをあげる習慣へと変化していきました。

お盆玉という造語は、2010年に山梨県にあるマルアイという会社によって商標登録され、お盆玉のポチ袋などが販売されました。

2014年の7月から全国の郵便局でお盆玉用のポチ袋(お盆玉袋)が販売されて、メディアでも取り上げられるようになりお盆玉が広まっています。とはいえまだお盆玉を知らない人も多くいます。

今回は、お盆玉の相場やお盆玉袋について、お年玉との関係性をお伝えしたいと思います。

  

お盆玉の相場は?

お盆玉の文化が広まってきてはいますが、まだ広まってから時間が経っていないので金額はお年玉を基準に決めている人が多いようです。

お年玉と同じくらいの金額をあげたり、少し減らした金額をあげたりしています。お年玉より少し減らした金額をあげる人の方が多いようです。こちらが年代ごとの相場の目安となります。

・小学生以下 1,000円未満
・小学生 1,000~3,000円
・中学生 3,000~5,000円
・高校生以上 5,000~10,000円

お盆玉は基本的には就学している子供にあげます。念のために、赤ちゃんや幼稚園児に渡すかどうかの話し合いを親族でしておくと揉め事の防止にもなります。

お金はお年玉であげているので、お盆玉は文房具や日用品などをプレゼントするという人も増えてきています。それぞれの環境に合わせてあげるものを変えるのもいいでしょう。

お盆玉の袋は専用のものがあるの?

お年玉のポチ袋のようにお盆玉にも専用のお盆玉袋が、今では様々なところで売っています。郵便局をはじめ、ショッピングモール、雑貨屋、文房具屋などで売られています。

書いてある文字が「お盆玉」と普通に書いてあるものや、「自由研究費」「またおいで」「宿題がんばれ」「おこづかい」「ほんのきもち」「お手伝い料」「少しだけど」と書いてあるものもあります。

ただのお盆玉ではなく手伝いをすることでもらえるお小遣いや、自由研究などの勉強の参考として使ってねと渡すことができそうですね。

お年玉とお盆玉両方あげないといけないの?

お年玉とお盆玉は渡すきっかけになった意味が違います。お年玉は、お正月に神様からもらう新しい魂がきっかけとなっています。

1年の始まりにあたるお正月に、それぞれの家には神様が訪れると考えられていました。そのためにお正月飾りをしたりお供えをして神様をもてなしていました。

そのお返しとして神様がその家の住人に新しい魂を与え、1年間健康に生きることができると考えられていました。家の主しか新しい魂をもらうことが出来なかったので、子供たちには新しい魂を目に見える形で、分け与えたのがお年玉となったと言われています。

お年玉には、子供たちの1年の健康を祈る意味も込められています。お盆玉とはまた違った意味が込められていますね。

こういった意味でもお年玉はあげた方がいいでしょう。しかし、お盆玉は無理してあげる必要はありません。親せきに子供が多かったら、年に2回の出費は負担が大きすぎます。親せきで相談の上で、無理の無い範囲でお盆玉は渡していきたいですね。

最後に

年々お盆玉袋も種類が増えていっているので、全国的に毎年恒例の行事になるのも時間の問題かもしれません。大人に負担が増えて大変であると思いますが、子供たちにとっては嬉しい行事のひとつになるでしょう。

お盆玉をあげる前に、今一度親族で話し合いをしてお盆玉をどうしていくのか考えるのも大切なのではないでしょうか。最後までお読みいただきありがとうございました。

 - お盆 ,