入谷朝顔市2016の日程は?駐車場やおすすめの時間を紹介

   

430f1ab9df30880a88dce7fc39290f17_m朝顔市で有名な入谷朝顔市が今年も開催されます。例年40万人近くの人が訪れる朝顔が主役の3日間です。今回は、入谷朝顔市の日程と駐車場、おすすめの時間帯についてお伝えしたいと思います。

入谷朝顔市2016の日程は?

毎年7月6日~8日までが開催日となっていますが、今年も例年通りの開催となります。

2016年(平成28年)入谷朝顔祭り(朝顔市)日程

開催日 7月6日(水)~7月8日(金)

時間  5:00~23:00

場所  入谷鬼子母神(いりやきしもじん)境内とその周辺

住所  東京都大東区下谷1-12-16

アクセス
・電車 JR山手線・京浜東北線「鶯谷」駅より徒歩5分
・東京メトロ日比谷線「入谷」駅より徒歩1分

朝顔業者が120軒、露店も約100軒あり大変賑わいを見せています。

入谷朝顔市の駐車場は?

朝顔市周辺の路上では、パーキングメーターやパーキングチケットは休止されているので利用することが出来ません。車で行く際には周辺のパーキングをご利用ください。

3日間の17:00~21:30は、鬼子母神の前の大通りの言問通り(ことといどおり)は通行止めになるので注意してください

入谷朝顔市の時間でおすすめのは?

朝顔は朝にきれいに花を咲かせるので、そのきれいな時を見て周ろうと朝でも大変多くの人が訪れます。特にピークの時間帯は毎年朝7時頃となっています。

開催時間は5時からとなっていますが4時から開けているお店も中にはあるそうです。ピーク前に行って朝顔を見るか、ピークの時間帯をずらして見に行くのがよさそうです。

朝顔は暗くなってから約9時間後に咲く性質を持っています。前日の暗くなる時間帯や会場の明かりが暗くなる時間を見て翌日会場に足を運ぶと、綺麗に咲いている朝顔を見ることが出来そうですね。

夕方頃の朝顔より朝の咲いたばかりの朝顔の方が花に元気があるので、よりきれいな朝顔を見たい場合は朝に行くことをおすすめします。

最後に

近所にある入谷南公園では、19時頃~21時頃に朝顔まつり音頭大会も開催しているので、夜の朝顔を楽しんでから足を運んでみてはいかがでしょうか。最後までお読みいただきありがとうございました。

入谷朝顔祭り公式サイト

 - 祭り/花火大会 ,