一人暮らしで朝起きるには?二度寝防止やスッキリ目覚める方法を紹介

   

b3819e0d5bff9291e86f6359f67889be_s
一人暮らしを始めると、朝起きるのも自力で起きないといけませんね。

実家で暮らしているときは、少し寝すぎてしまっても親が起こしてくれたので、二度寝をして寝坊することはあまりなかったのではないでしょうか。

一人暮らしでは、寝過ごしてしまっても誰も起こしてくれません。社会人だったら、会社からの電話がかかってきて起きる可能性はありますが…。さすがにそんな目覚めは嫌ですよね。

一人暮らしを始めると、朝起きれるかどうか不安な人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

一人暮らしで朝起きるには?
一人暮らしで二度寝を防止する方法は?
朝スッキリ目覚める方法は?

こちらの3つについてお伝えしていきたいと思います。

一人暮らしで朝起きるには?

新社会人や大学生など、新生活を始める方は特に朝起きるのが心配になるのではないでしょうか。実家で暮らしているときには、二度寝をしてしまっても最悪誰かが起こしてくれることもあったことでしょう。

一人暮らしになると、自分に責任が付いて回るので油断しないでくださいね。

まずは朝起きるために、一人暮らしをしている人はどのようなことをしているのか見ていきましょう。

目覚まし時計を複数用意する

目覚まし時計をいくつか用意して、時間をずらしてアラームがなるように設定することで、万が一起きれなかったとしても保険をかけておくという方法です。

また、時計を置く場所を工夫している人も多いようですね。布団を出ないと止めることができない場所に時計を置くことで、無理にでも起き上がり体を起こすという方法です。

寒い時期にはなかなか布団から出ることができませんが、そんなときは起きる数十分前にエアコンなどで部屋を温めておくのがおすすめ。起きることには部屋がある程度温まっているので、布団からも出やすいです。

私はこの方法をよく使っています。これは暑い時期には起きる前に部屋を涼しくしておくと、目覚めが良いですよ。

早めに起きる

f227ff1e2762b2ba289128b300a9c866_s
早めに起きるとは、具体的にはどのようなことなのでしょうか。

例えば6時に起きようと考えていたとします。そうしたら、その1時間前から目覚ましをセットして、何度かに分けてアラームをセットします。

アラームが鳴るたびに目が覚めるので、少しずつ意識もはっきりとしてきて1時間ほどかけてゆっくりと頭を起こしていくようです。

人によっては、スヌーズ機能に頼りすぎてしまい、「まだいける、まだいける」と寝過ごしてしまう人もいるようなので注意が必要かもしれないですね。

眠りが浅いところで起きる

人は浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠を交互に繰り返して朝を迎えています。眠りに付くと浅い眠りから、だんだんと深い眠りに入っていきます。

眠りが一番深くなると、次は眠りが浅くなっていきます。この眠りが深くなって浅くなるというサイクルは、約90分でワンセットになっていると言われています。

この眠りが浅くなったところで目を覚ますことにより、体が起きやすいというわけですね。反対に眠りが深いときに目が覚めてしまうと、体がだるく感じたりして起きるのが辛くなってしまいます。

90分でワンセットという時間を考えると、4時間半6時間7時間半の睡眠を経過した辺りで、目覚ましがなるように設定しておくと眠りが浅いときに起きることができますね。

起きるタイミングを逆算して眠りについてみてはどうでしょうか。


一人暮らしで二度寝を防止する方法は?

一人暮らしの朝に一番怖いのが二度寝ではないでしょうか。

二度寝して次に目を覚ましたら、家を出る時間帯だったという経験は多くの人が1度は経験するのではないでしょうか。経験しなくて済むならその方が良いんですけどね。

二度寝を防止する方法もいくつかあったので、そちらも紹介していきたいと思います。

ガムを噛む

ガムを噛むって?と思った方もいると思いますが、ガムを噛むんです。

枕元にガムを準備しておいて、朝目が覚めたらガムを噛み始めます。朝一ガムです。

ものを噛むことによって脳に刺激がいき、眠っていた脳が活性化されることで目が覚めるということです。

勉強していたり車の運転中に眠くなったときに、ガムを噛んで眠気を覚まそうとしたことはありませんか?それと一緒ですね。ミント系のスースーするガムだと、朝からスッキリと目が覚めそうですね。

アロマを嗅ぐ

アロマの香りを嗅ぐことで、脳が覚醒されスッキリと起きることができるので二度寝防止につながります。

特に柑橘系の香りが良く、オレンジスイートやレモン、グレープフルーツ、ライムなどが良いようですね。アロマは「精油100%」のもでないと効果が期待できないということなので、購入の際には注意してください。

目覚まし時計の近くにアロマを準備しておき、ティッシュやハンカチにつけ起きたら嗅ぐようにしてします。

柑橘系の香りは、沈んでいる気分もリフレッシュしてくれる効果もあるので、朝起きて嗅ぐことで体に良い効果が期待できます。

朝スッキリ目覚める方法は?

7bfb3a984cc71967b7cf4c8bfcc97bf7_s
朝スッキリと目を覚ますことができれば、二度寝の心配もなくなのではないでしょうか。気持ちよく起きて、1日をスタートできるのが理想ですよね。

朝起きるときの状況で体に良いと言われているのが、朝日を浴びることです。昔からよく朝日を浴びると良いと聞きますが、その理由を知っていますか?

証明に照らされる場所や部屋の明るさは「照度(しょうど)」と呼ばれており、その単位は「ルクス(lx)」と表します。光の明るさの単位がルクスと呼ばれているんですね。

太陽の朝日は10,000ルクスなんですが、いきなり10,000ルクスといっても想像がつきませんよね。私たちの身の回りでは、まぶしいと感じるコンビニの光で1,500ルクスと言われています。

そう思うと朝日の光の明るさが、いかに強いのか数値をみると分かるのではないでしょうか。

人の体内時計がリセットされるためには、2,500ルクス以上の光の強さが必要になってくると言われているので、朝日を浴びることによって体が目を覚まします。

もう少し詳しく説明すると、太陽の光を浴びると体内でセロトニンと呼ばれるものが作られます。このセロトニンが脳を活発に動かしてくれます。

天気が悪くて曇っていたり雨の日でも、太陽の光は届いているので、天気が悪くてもカーテンを開けて光を浴びるとセロトニンが作られます。

そしてそのセロトニンは、夕方になるとメラトニンという物質に変化していきます。メラトニンは、睡眠を誘う効果があります。そのため、朝にしっかりと光を浴びることでセロトニンが作られて、セロトニンがメラトニンへ変わることで夜の眠りの質が良くなるということにつながります。

朝日を浴びるという行動には、しっかりとした理由があったんですね。ただ、部屋の環境によっては朝日を浴びることができない場合もあります。

そのようなときは、どうしたらいいのでしょうか?

光目覚まし時計を使う

20160606
intiSQUARE

先ほど朝日が10,000ルクスとお伝えしましたが、こちらの目覚まし時計intiSQUARE(インティスクエア)は最大で20,000ルクスの明るさになります。そのため、体が朝日を浴びたときのような反応を示し、スッキリと起きることができます。

音ではなく、光で起こしてくれる新しいタイプの目覚まし時計です。愛用者は今まで朝が苦手で、起きることができない人が購入しているといった感じです。

その中でも約80%以上の人が朝にスッキリと起きることができたということです。この目覚まし時計かなり有名だそうで、テレビや雑誌など多くのメディアでも紹介されているものでした。

値段は25,800円と少しお高い気がしますが、本気で遅刻したくない、起きたいという人は1度試してみてはいかがでしょうか。3ヵ月間全額金の保証もついているので、万が一効果が感じられなくても送料だけ払えば払った金額は帰ってきます。

一人暮らしを充実されてくれる、効果が期待できるアイテムなのではないでしょうか。

intiSQUARE

最後に

起きるための工夫や二度寝しないための防止策など、色々お伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

すぐに試せるものも多かったと思うので、良かったら参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 健康/体調管理 ,