スマホで目の疲れ対策や目がしょぼしょぼするときは?解消法を紹介

   

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s
スマートフォンは多くの人が手にしており、手放すことができないアイテムのひとつですね。

そんなスマホですが、使用していると目が疲れたりしょぼしょぼしてくることがありませんか?

今回は、スマホの目の疲れ対策や目がしょぼしょぼするとき、目の疲れの解消法についてお伝えしたいと思います。

スマホの目の疲れに対策は?

スマホを操作していると、目が結構疲れるのではないでしょうか。

私も1日のうちでスマホを頻繁に操作していますが、以前はすぐに目が疲れていました。

目が疲れる理由はいくつか考えられます。

ブルーライト
ディスプレイの光が強い
画面から目が近い
字が小さい
画面に集中してまばたきが減る

ブルーライトは数年前から身体に与える影響が懸念されていますね。

ブルーライトの光は紫外線並みに強く、目の奥まで届くことから目に負担が掛かります。ブルーライトを防ぐことで、目の疲れを軽減することができます。

スマホのディスプレイにブルーライトカットシートを貼ることで、ブルーライトを軽減することができます。

また、PCメガネなどもブルーライトをカットするのでおすすめです。

こちらの記事で詳しくまとめてあるので参考にしてみてください。

スマホで目が疲労する理由や疲れ目対策は?PCメガネを使ってみた感想

 

ディスプレイの光ですが、スマホの画面を見てまぶしいと感じたことはありませんか?

光が強いと目にも負担になるので、バックライトの光を少し抑えるようにしましょう。

iPhoneは、画面下から上に指をスライドさせると簡易メニュー画面が表れます。太陽のマークの○をタッチして、左にスライドさせることで光を弱くすることができます。

アンドロイドでは、画面上から下へ指をスライドさせると簡易メニューが表れます。歯車のマークをタッチして左にスライドさせると、光を弱くすることができます。

スマホの画面はパソコンやアタブレットに比べると小さいので、画面に表示される字が小さくなってしまいます。

そのため無意識のうちに近くで見ようと、画面との距離が近くなっています。

寝転んで操作をしているときなども、自然とスマホとの距離が近くなってしまうので気を付けたいところですね。

意識的に画面に近づきすぎないようにすることが大切です。

意識して簡単に適度な距離を保つ方法があります。脇を軽く締めて肘を90度にして固定します。肘を90度にすることを意識するのがポイントです。

これを意識することで、画面から適度な距離を保つことができますよ。

最後のまばたきですが、集中しているとまばたきは減ってしまうので、これは意識してなるべくまばたきをするようにしましょう。

まばたきは1分間に20回程度繰り返しているのですが、画面に集中しているとその数は減り涙の量も減ってしまいます。

涙の量が減ると、乾燥から目が傷ついたりドライアイの原因にもなるので気をつけましょう。

スマホで目がしょぼしょぼするときには?

スマホを操作していて目がしょぼしょぼするときは、目を酷使している可能性があります。

長時間操作していたら、1時間に1回は10~15分くらいの休憩をするようにしましょう。

しょぼしょぼしているときは、涙が足らなかったり炎症を起こしている可能性があります。

スマホやパソコンに有効な目薬があるので、そちらを使用するのもいいと思います。

目が充血しているときは、炎症を起こしているサインなので目を冷やしましょう。

しょぼしょぼして目が充血している場合は、冷やすと温めるを交互に行うと目がスッキリするようですよ。

スマホの目の疲れの解消法

目を温める

目を温めることで、血流が良くなり目の疲れを取ることができます。

濡らしてしっかりと絞ったタオルをレンジで温めて、そのタオルを目に当てます。レンジには500Wで50秒、700Wで30秒程チンします。5分程度目やその周りを温めましょう。

めぐりズムを買ってきて使用するのもいいかもしれませんね。

タオルを絞ってチンをするのが少し面倒な場合は、お風呂に入るときにハンドタオルを持っていきましょう。

お湯に浸かりながら、ハンドタオルをお風呂のお湯に浸けて絞れば、レンジが無くても温かいタオルの出来上がり。

そのまま目の上に置くと、眠ってしまいそうなくらい心地いいですよ。眠らないように気を付けてくださいね。

私は目が疲れているなと感じたら、お風呂につかりながらこの方法を試しています。タオルが冷めてきてもお湯に浸ければすぐにまた温まるので、チンする手間もなく楽なのでおすすめです。

目のストレッチ

近くのものを見ると、ピントを合わせるため目の筋肉が緊張状態になります。逆に遠くの物を見るときは筋肉が緩みリラックスした状態になります。

スマホの操作では近くを見ているので、目の筋肉が緊張状態となり筋肉が凝り固まってしまいます。

この凝りを解消することも、目の疲れの解消につながります。

・目のストレッチ
5秒程目をギュッと閉じて、目を開いたら上を向きます。このとき、顔は動かさないで目だけを動かすようにしてください。

5秒程上を向いたら、再びギュッと目を閉じ5秒数えます。

目を開けたら次は下を向きます。同じ容量で左右も行いましょう。上下左右を1セットとして、これを2セット繰り返します。

次は、顔の前に片方の手の人差し指を立ててください。人差し指を顔に向かって近づけていき、ピントが合わなくなったら視線を外しましょう。

より目になったら視線を外す感じですね。こちらも何回か繰り返します。凝り固まった目の周辺の筋肉をほぐすことができます

目をグルグルと左右に何回か回すだけでも、凝りがほぐれるので試してみてください。。

目に栄養補給

目の疲れには、ビタミンA、B、C、ルテイン、アントシアニン、ミネラル、DHCといった栄養素が効果的です。

普段の食事からも摂ることができますが、効率よく摂るにはサプリメントを使用するといいでしょう。

ファンケルの「えんきん」は機能性表示食品でもあるのでおすすめです。

機能性表示食品とは、科学的根拠に基づいて、特定の保健の目的が期待できる機能性を表示した食品です。

「特定の保健の目的が期待できる」とは、健康の維持や増進に役立つということですね。

送料無料で1,000円なので、1度試してみるのもいいかもしれませんね。

目の機能性表示食品「えんきん」

最後に

今の時代スマホは欠かせなくなっているので、目の疲れ対策や疲れをしっかりと解消していきましょう。

目がしょぼしょぼするなと思ったら、目が悲鳴を上げている思って少し休ませてあげてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 健康/体調管理 ,