スマホで目が疲労する理由や疲れ目対策は?PCメガネを使ってみた感想

   

スマホ 目 疲労 疲れ目 対策 PCメガネ
スマートフォンをあなたは1日何時間使用していますか?

情報を知るためや何か調べるため、アプリで楽しむためと多様に活躍していますが、スマホの使いすぎで目が疲れていると感じたことがあるのではないでしょうか。

今回は、スマホで目が疲労する理由や疲れ目対策、目に入る光を抑えてくれるというPCメガネを使ってみた感想についてお伝えしていきたいと思います。

スマホで目が疲労する理由は?

スマホを長時間使用していると、目がしょぼしょぼしてきたりひどいときには頭痛を感じる人もいると思います。

スマホの画面から出ている「ブルーライト」が原因だと言われていますね。

ブルーライトとは、テレビやパソコン、スマホなどの液晶から放出されています。

強い光のため目の奥の網膜まで光が届き、人体に良くない影響を及ぼすと言われています。睡眠の妨げになったり、目にかかる負担も大きいようですね。

そんなブルーライトですが、1番放出しているものは何だか分かりますか?

私たちが普段使っているスマホなんです。

その後に任天堂DSやPSPといったポータブルゲーム機、パソコン、液晶テレビと続きます。

普段から使っているスマホが1番多くブルーライトを放出しているんですね。

それは目も疲れるわけです。

それに加えて、画面から目の距離が近かったりすると光がより目に刺激を与え疲れます。画面の小さな字をみていたりアプリで遊んでいると集中しているのでまばたきの回数も自然と減っていきます

そのため目の疲労を感じやすくなります。

寝る前など寝転びながらスマホを操作すると自然と顔に近くなるので、寝転びながらの操作はあまりおすすめできません。
スマホの画面は、バックライトの明るさを暗くすることで光を弱くできます。その設定を変えるだけでも目が受ける負担を軽くすることができるようです。

暗すぎても良くありませんが、初期設定よりは少し暗めに設定しておくといいでしょう。

また、スマホを使うときに顔に近づきすぎないように意識するのも大切です。

個人的におすすめなのが、脇を軽く締めてひじの角度を90度にしてスマホを操作する方法です。

慣れないと遠く感じてしまいますが、慣れてくればそこまで不便を感じることはありません。

すぐに実践できるので試してみてくださいね。

スマホの疲れ目対策に効果のあるものは?

疲れ目対策としては、目に入ってくる光やブルーライトを軽減する方法がおすすめです。

先ほど紹介した、スマホのバックライトを弱くするということも効果的ですね。

スマホにできる対策としては、液晶画面にブルーライトカットシートを貼る方法があります。

スマホを落としたときに液晶が割れないように、衝撃吸収シートや強化シートなど貼っている方は多いと思います。

私の周りでは、意外とブルーライトカットのシートを貼っている方が少なくて驚きました。

スマホの画面にシートを貼るのはおすすめなので、まだの方は試してみてください。

強化シートの上からブルーライトカットシートは貼ったことがないので、どのようになるのかは分からないのでそちらは自己責任でお願いします。

私は強化シートとブルーライトカットが一緒になっているシートを使っています。

ブルーライトのカット率が高いほど白い部分が茶色く見えます。私自身は色は全く気にならないので、カット率が高いものを貼っています。

色よりもとにかく目!っという思いが強いので。

他にも、光のダメージをケアしてくれる目薬があります。

長時間のパソコン作業などにより受けたダメージをケアする効果が期待でき、スマホにも有効のようですね。

まばたきが減って目が乾いてしまうのも目の負担につながるので、ケアすることも大切になってきます。

PCメガネはスマホに効果があるのか使ってみた感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【 PCメガネ JINS SCREEN - HEAVY USE ライトブラウンレ...
価格:4212円(税込、送料無料) (2016/12/27時点)

私が使用しているのは、PC用のブルーライトカットメガネとして有名な「JINS」。

もちろん、スマホにも使えます。

カット率は25%、38%、60%の3種類があります。

私が初めて買ったときは25%と38%の2種類でした。だいぶ使い込んだので今年の春くらいに新しいものを買おうとお店に向かったら、60%カットのメガネが発売されていたのでそちらを購入しました。

60%カットのメガネは、「おやすみの前に」と書かれています。

寝る前にブルーライトの光を受けすぎると眠りに付きにくくなるので、寝る前にスマホを操作するときなどに使うのをおすすめしているようですね。

店員さんに聞いてみたところ、寝る前以外にも使用してもいいとのことでした。

ただ、昼間に60%カットのメガネをかけたまま長時間外出すると、気分が悪くなる可能性もあるそうです。

60%カットメガネはレンズがかなり茶色いので、見ている景色の色が普段とは異なることで人によっては気分が悪くなることがあるみたいですね。

私は出かける先でもスマホを操作することが多いので、外出するときも基本はかけっぱなしです。

今のところ外で60%カットメガネを長時間かけていても気分を悪くしたことはないので、体質にもよるのかなといった感じだと思います。

どのくらい色が違うのか?

20161226_161226_0009
私が最初に購入したのはたぶん38%だと思うのですが、少し自信がありません。

すいません・・・。ここでは38%ということで紹介していきます。

今使用しているものは60%なので、38%と60%での見え方の違いはどのくらいのものなのか写真と共にお伝えしていきます。

ルーズリーフに黒の油性ペンで字をか書きました。字が汚いのはご愛嬌ということで・・・。

上が38%カット、下が60%カットです。

20161226_161226_0006

紙の上にふたつを並べてみたのですが、明らかに60%の方がレンズの色が濃いですね。

眼鏡をカメラのレンズに近づけて撮影するとイマイチ色の違いが分からなかったので、少し遠めから撮影しました。

眼鏡を掛けているときにみている色に近いとことで撮影したので、メガネをかけてみている感覚に近いと思います。上に貼ってあるブログタイトルのみの写真が、なにもせずに撮った写真なので比べてみてください。

こちらの38%のメガネは、うっすら白が黄ばんでいる感じ。

20161226_161226_0007

そしてこちらの60%のメガネは、ガッツリ色がついているのが分かると思います。

20161226_161226_0001

個人的な感覚としては、60%も慣れてしまえば特に気にすることもないかなといった感じです。

目にかかかる負担も38%に比べると、より軽くなっているのかなといった感覚です。

スマホを長時間いじると38%のメガネでも結構目がしょぼしょぼするんですが、60%のメガネは同じ時間でもしょぼしょぼする感覚がまだありませんでした。

そしてメガネをはずしてからスマホの画面を見ると、目に刺激を感じるくらい違いが分かりました。

今ではスマホを使用する場合は、60%カットメガネをかけていないと落ち着きません。

スマホは毎日使用するし、自分の目も一生使っていくことを考えるとできる限り負担は減らしていきたいですよね。

「JINS」のブルーライトカットメガネしか試したことがありませんが、個人的にはかなりおすすめです。

JIN's オンラインショップ

最後に

ブルーライトカットメガネは、パソコンで色の調整をするような作業には向いていないので使用の際には気を付けてください。色が結構違ってきます。

文章や数字の打ち込みなどを行うときには、特に問題なく作業できていますので問題ないと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事
PCメガネJINSの効果やカット率の見え方の違い、スマホに使用した感想

 - 健康/体調管理 ,