ひな祭り初節句のプレゼントやお祝いの相場は?手土産は何がいいの?

   

cbf2a5b5e56af87297b164dbc0cdd39f_s
3月3日はひな祭りということで、初節句を祝うご家族も多いのではないでしょうか。

初節句やひな祭りの席に招かれたとき、プレゼントや手土産はどうしたらいいか迷うことがあります。

あまり的外れな物を贈っても、かえって迷惑になってしまうので気を付けたいところですね。

今回は、ひな祭り初節句のプレゼントやお祝いの相場、手土産についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
  

ひな祭りの初節句でプレゼントは?

初節句とは、生まれてから初めて迎える節句のことをいいます。

女の子の場合は、桃の節句のひな祭りがそれにあたります。

そんな初節句のプレゼントですが、どのようなものを贈っているのでしょうか。

調べてみると一般的には、洋服おもちゃ食べ物などを贈る人が多いようですね。

洋服を贈る場合は、今のサイズを聞いてそれよりも1サイズ大きいものを選ぶと、少しでも長く使ってもらうことができます。

ここでひとつ、洋服を選ぶ際に気を付けることがあります。

それは洋服のデザインです。

あなたがもし気に入ったとしても、赤ちゃんのご両親の好みに合わないと、着せる回数も自然と減ってしまいます。

好みを聞いておいたり、洋服の系統を把握しておいてから購入した方が良いでしょう。

おもちゃで人気があるのが、積み木やおままごとセットなどです。

せっかくなら、おもちゃの中でも「知育玩具」(ちいくがんぐ)など贈ってみてもいいかもしれないですね。

知育玩具とは、子供の持っている好奇心や遊びに対する興味を刺激して、知能の発達や心の成長を促す目的で作られたおもちゃです。

普通のおもちゃと明確に分ける定義のようなものはないようです。子供の知能の発達に対して、配慮されているおもちゃに使われる言葉だそう。

【マグブロック】


もうひとつ、食べ物ですがこちらも贈るときに注意点があります。

食べ物は、赤ちゃんによってはアレルギーで食べることができないものがあります。

万が一その食材が入っているものを贈り、それに気付かずに口にしてしまったら大変です。

事前にアレルギーや好き嫌いについて聞いてから、食べ物をプレゼントするようにしましょう。

この他にも、商品券やギフト券、ギフトカタログなども送ったりするようです。

スポンサーリンク

ひな祭りのお祝いの相場はどのくらい?

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s
お祝いの品を選ぶのも大切ですが、気になるのがお祝いの相場です。

ちなみに、親戚や兄弟の初節句のときはプレゼントの品+お祝い金を贈るのが一般的だそうです。

友人や知人へは、プレゼントは贈りますがお祝い金を渡す人は少ないようですね。

お返しのことなどを考えて、プレゼントのみという方が多いようです。

親戚や兄弟にプレゼントを贈る場合は、お祝い金は5,000円程度。プレゼントがない場合は、1万円程度になります。

プレゼントは5,000円までに収めておき、お祝い金と合わせて1万円くらいにする人が多いようです。

家庭によっては、お祝い金は2~3万としているところもあるようですね。

友人や知人には、3,000~5,000円程でプレゼントを考えている人が多いようです。

それぞれの家庭で状況は変わってくるので、目安として参考にしてみてください。

☆親戚、兄弟 
プレゼント5,000円程度+お祝い金5,000円程度
または、お祝い金1万円

☆友人、知人 
プレゼント3,000~5,000円程度

初節句ひな祭りの手土産は何を持っていくのが良いの?

手土産は、何を持っていこうか悩むところですね。

それもひな祭りという時期には、どのようなものが良いのか迷います。

せっかくのひな祭りなので、それに関連したお菓子やデザートなど喜ばれのではないでしょうか。

少しでも手間を省けるように、取り分けのできるものがおすすめです。

親戚など人数が集まる場合は、連絡を取り合い誰が何を持っていくかが分かると、かぶる心配もなさそうですね。

ひな祭りのお菓子というと、ひなあられを思い浮かべる人が多いと思います。

和菓子のイメージも強いですね。桜餅や菱餅(ひしもち)といった春らしいものもいいかもしれません。

個人的におすすめは「和三盆」(わさんぼん)です。好きということもありますが、かわいらしく春らしい感じがひな祭りに合っていると思います。

和三盆とは、砂糖の一種で作られています。淡い色合いが特徴的で、口どけの良さなど癖になる方も多いですね。

温かい緑茶との相性も抜群ですよ。

洋菓子でしたら、桜色のロールケーキやバームクーヘン、桜を使っているものだと色合いも華やかでいいですね。

春らしいものを見つけて、手土産にしましょう。

最後に

プレゼントを贈る際には、失敗のないようにしてくださいね。

初節句は1度しかないので、大切な日をお過ごしてください。

少しでも参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - ひな祭り ,