ひな祭り両親のおもてなし定番は?パーティーレシピやおつまみを簡単に作ろう

   

007757b3d4255295580efb810c0b43e2_s
ひな祭りは女の子が主役となる日ですね。

初節句となると、日頃の感謝の気持ちや雛人形のお礼にとご両親を招待する人も多いですね。

自分の両親ならまだしも、義両親を招待するとなるとメニューにもそれなりに気を使うのではないでしょうか。

今回は、ひな祭りで両親のおもてなしの定番やパーティーレシピ、簡単で春らしくお酒に合うなおつまみについてお伝えしていきます。

ひな祭りの両親のおもてなしで定番は?

おもてなしとなると、ひな祭りに合っている料理を作るのが無難ではないでしょうか。

ここぞとばかりに自分の得意料理をメインにしないようにしてくださいね。

ひな祭りの定番が得意料理なら、自信を持って振る舞ってもいいと思いますけど、もしも十八番がハンバーグなら今回は見送りましょう。

ひな祭りにハンバーグ?!と驚いてしまうと思いますので。

さて、おもてなしの定番=ひな祭りの定番メニューとなりますが、早速ひな祭りの定番メニューをみていきましょう。

・ちらし寿司
・はまぐりのお吸い物
・お刺身
・筑前煮
・茶碗蒸し

この辺りが定番のメニューになっているようですね。

ちなみにデザートは菱餅(ひしもち)に限らず、桜餅やケーキなど好みによって違うのでデザートはそこまで気にしなくても良さそうです。

ちらし寿司はひな祭りでは定番となっていて、多くのご家庭で作られています。

よく祝い事には縁起のいい食べ物を食べたりしますが、ちらし寿司自体には特に縁起の良い意味などはないそうです。

ちらし寿司に使われている具材が縁起が良いんだとか。

えび
腰が曲がるまで長生きするように。
レンコン
穴が空いており向こう側をみることができることから、将来の見通しが良い。また子孫繁栄の意味も込められている。

健康でまめに働くように。

ちらし寿司が苦手だという方も中にはいらっしゃると思いますが、そのようなときは手巻き寿司を用意してみてはいかがでしょうか。

好きな具材を選んで食べることも出来ますし、縁起のいい食材も用意しておいてその意味なども伝えながら手巻き寿司を楽しむのも良さそうですよ。

はまぐりのお吸い物には「二夫に交わらず」ということで、仲の良い夫婦を表しています。

はまぐりの貝殻は、対になっていたもの同士でないとピッタリと合わないそうです。そのような理由から、一生一人の人と添い遂げるようにといった願いも込められています。

素敵な意味合いが込められいるはまぐりのお吸い物は、欠かすことができない一品ですね。

お刺身や筑前煮は、めでたい席での定番といった感じで用意されます。特にお刺身は人気が高いみたいですよ。

個人的にはですが、筑前煮は作る人によって味の濃い薄いの好みが分かれるのであまりおすすめできません。

義母と比較されてボソッと何か言われるのも嫌ですしね。煮物系の「お袋の味」は、今回は控えてみてはどうでしょうか。

ひな祭りのパーティーのレシピで簡単でおすすめなもの

02d708b686553aa910813a1d8b39e9af_s
さすがにちらし寿司とお吸い物、お刺身だけでは寂しい感じがしてしまいます。

ある程度の人数が集まるときなどは、唐揚げはおすすめです。

前日に下味をつけておくなど、下準備は簡単に済みます。当日は片栗粉をつけて揚げていけばいいので楽チンです。

唐揚げ粉をひと工夫して作るフライドチン風の唐揚げがありました。

いつもとは一味違った唐揚げなども良さそうですね。

から揚げ粉をひと工夫♪簡単フライドチキン【楽天レシピ】

先ほど定番メニューの中で茶碗蒸しをあげましたが、意外と茶碗蒸しって固まらなかったり分離してしまったりと難しいです。

簡単に作ることができるレシピがあったので、こちらを参考にしてみてください。

レンジで簡単♪茶碗蒸し レシピ・作り方【楽天レシピ】

離乳食で作れるものは?

初節句を迎えるので、一緒にひな祭りのご飯も楽しみたいですよね。

ひな祭りの色として、桃色、白色、緑色などがあると雰囲気がでます。

桃色はにんじんのすりおろし、白色は御粥やジャガイモのすりおろし、緑色はブロッコリーを使うとキレイに色が出ます。

お皿に絵を描くように、花や菱餅、お雛様とお内裏様を描いてもかわいらしいですね。

ペースト状にして、三食団子や菱餅を作ってしまうのもいいでしょう。

こちらなど雰囲気がでていいと思います。

Cpicon 離乳食 初期 6ヶ月すぎ頃 ひな祭り by クック86HUWI☆



ひな祭りのレシピでおつまみも簡単に作ろう

ひな祭りでは昔から白酒というお酒が飲まれていました。

白酒の代わりに甘酒なども飲まれていました。

最近では特に白酒にこだわることなく、甘酒や好きなお酒を飲むことが多いようですね。

おめでたい席に大人が集まれば、自然とお酒が用意されるのでおつまみも準備しておきましょう。

せっかくおつまみを作るのなら、縁起のいい物を作ってみてはいかがでしょうか。

先ほど紹介したえびやタコなどを使ったおつまみはお酒に合いますね。

うまっ!超簡単!☆ガーリックシュリンプ☆【楽天レシピ】

タコには「多幸」という意味合いがかけられているので、多くの幸せが訪れるように願い乾杯しましょう。

タコのカルパッチョなどは、お酒を飲まなくてもおいしく食べることができそうですね。

タコのカルパッチョ レシピ【楽天レシピ】

他にも、季節の山菜のてんぷらなどで春を彩るのもいいですね。

ふきのとうやたらの芽、ヨモギなど天ぷらにするとおいしいです。って美味しいのは知っていますよね。(笑)

いつもの天ぷらと少し違った材料を使う作り方ですので、試してみてもいいかもしれません。
Cpicon ふきのとうとたらの芽のオシャレ天ぷら by めだまっちゃん

最後に

ご両親のおもてなしは、少し気を使うこともあるかもしれませんが、しっかりと準備して楽しくひな祭りを祝ってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 - ひな祭り ,