犬の寒さ対策で室内では?留守番させる時や寝るとき夜はどうしてる?

   

b49a4993329db6906a8e3a2ac28728f3_s
冬は気温も下がり日々寒い日が続きますが、寒さを感じているのは犬も同じです。犬種によっては寒さに強い犬もいますが、室内で過ごしている犬は寒さに弱い傾向があります。

今回は、留守番させる時や寝るときにできる室内犬の寒さ対策についてお伝えしたいと思います。

  

犬の寒さ対策で室内では?

室内で飼われている犬は、人間と同じ環境で過ごしているので自然の寒さや暑さになれていません。

人は寒いときには温かくして、暑いときには涼しくするなどして過ごしやすい環境で生活しています。

それに比べて普段から外で生活している犬は、そのときの環境に対して順応しています。

元々室内犬は、寒さや暑さには強くありません。そのため犬が少しでも快適に過ごせる環境を、飼い主が作っていかなければなりませんね。

普段の生活での寒さ対策は、暖房器具を使って部屋全体を温めていたり、ヒーターやこたつなどで自分のいる場所を温めていると思います。

しかし、あなたが家にいるときはいいですが留守番させる時は、暖房器具をつけっぱなしにして出掛けるわけにもいかないですよね。

エアコンは安全面など問題ないかもしれませんが、電気代などを考えると毎回エアコンをつけていくわけにもいきません。

コードがある暖房器具も、噛み癖があるわんちゃんだと心配ですよね。コードを噛んで感電したり、コードに引っかかって暖房器具が転倒して・・・と色々な不安があると思います。

留守番させても心配いらない寒さ対策があればいいですよね。

犬の寒さ対策で留守番をさせるときは?

留守番をさせるときには、わんちゃんが寒くならないように温かい場所を作ってあげましょう。

寒さを防ぐためにとても便利なのが寝袋です。寝袋は使わなくなったものなどがあればそれを使ってください。

寝袋は防寒性、保温性に優れているのでそこにうずくまるだけでも温かいです。さらにそこに、使わなくなった毛布や古くて着ていないフリースなどを活用しましょう。

寝袋に入れたりスペースを作れば、保温性に優れた場所が出来上がります。

寝袋がない場合には、ダウンジャケットなどでも代用できます。もちろん、今は使っていないものを利用します。

ダウンを敷いて、周囲を毛布で囲んであげます。ダウンの上にフリースや毛布などをうまく重ねていきスペースを使っていきます。寝袋よりは少し保温性は落ちますが、こちらもなかなか温かいです。

犬の寝るときの寒さ対策は?

夜になると一段と寒さが冷えますね。そのようなときには犬専用のホットカーペットなど利用してみてはどうでしょうか。

ホットカーペットの上から毛布を引いて、周囲を少し毛布でかっこってあげれば寝ている場所はポカポカと温かいです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料】アイリスオーヤマ ペット用ホットカーペット PHK-529E
価格:3480円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)

火傷の心配などないとは思いますが、どうしても心配という方は湯たんぽを使ってみるのはどうでしょうか。

お湯を入れるタイプのもの以外にも、レンジでチンをするだけで簡単に温めることができるものもあります。レンジでチンするだけなら、お湯を沸かして湯たんぽに湯を入れる作業がないぶん楽チンですね。

そのまま置くのは熱すぎるので、何枚かタオルでくるんだりするなどしてから置いておきましょう。寝床の下に置いたり、近くに置いたりしても温かくする効果はあります。

ゲージの中で寝る場合には、入口以外ゲージを段ボールで囲んであげることで防寒になります。段ボールで囲むことにより周囲との壁ができ、わんちゃんの周辺の温度が下がりにくくなります。

また、窓の近くに設置している場合には、窓からの冷気で冷えてしまうのでなるべく窓から離してあげてください。

最後に

温かい飲み物が入っていたペットボトルは、お湯を入れて靴下を何枚か重ねたりすれば湯たんぽ代わりになります。簡易的ですが、寝ているそばに置いておいてあげればしばらくは温かいです。

わんちゃんにもよりますが、対策をしっかりとして冬の寒さと付き合っていきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 寒さ対策 ,