紅葉で上高地の混雑具合は?見ごろの時期や服装について紹介

   

97fb88a999b2785ecff69aee9ee9c776_s
上高地(かみこうち)の紅葉は全国的にも人気があり、初心者でも楽しむことができるハイキングコースなどもあり毎年多くの人が訪れます。

ハイキング目的でなくても周辺には紅葉もあり、少し歩いたところに紅葉がきれいな場所もあるので気軽に楽しむことができます。

今回は、紅葉シーズンの上高地の混雑具合と見頃の時期、服装についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

紅葉で上高地の混雑具合は?

ハイキングコースとしても人気のある上高地は、紅葉シーズンを迎えると混雑が予想されます。色付き始めて見事を迎えようとしている時期に、ちょうど3連休があるのでそこでの混雑は避けることができません。

上高地は例年交通規制があるため、沢渡(さわんど)駐車場や平湯(ひらゆ)駐車場を利用して車をとめます。そこからバスやタクシーを利用して上高地まで向かいます。

時間帯によっては駐車場が満車になってしまい、車を駐車するだけでも1時間以上かかってしまうこともあります。バスで上高地へ向かう場合は、バスを待つ時間も30分程度はかかります。

トイレも大変混雑するので、済ませることができるときに済ませておくといいでしょう。

上高地に向かうバスは、沢渡も平湯も早朝5時台からバスが運行しているので早い時間から向かうことができます。早朝はハイキングを目的としている人が多くいます。

混雑を避けたい場合には、平日に向かうか早朝に向かうことをおすすめします。

上高地ホームページ バス時刻表

上高地の紅葉の見ごろの時期は?

35f3f52fcb10c12c6f3b5fbfbb1ac1bf_s
上高地とは長野県の西部にある、梓川(あずさがわ)の上流にある景勝地をいいます。毎年9月下旬~10月下旬まで紅葉を楽しむことができます。場所によって木々の種類が違うので、順番に色付いていくため長く紅葉を楽しむことができます。

スポンサーリンク

涸沢(からさわ)付近では9月下旬~10月上旬にかけて見頃を迎えます。信州の紅葉の中でも、最初に色付く場所のひとつとなっています。河童橋から涸沢までは歩いて約6時間の道のりとなりますが、紅葉の時期は山道は多くの人で行き交っています。

涸沢まで向かわなくても、上高地バスターミナルから歩いて約5分ほどのところに河童橋があるのでそちらで紅葉を楽しむことができます。こちらも人気のある紅葉スポットです。

河童橋や大正池では10月上旬から色付きが始まり、10月中旬~下旬にかけて見頃を迎えます。

紅葉で上高地では服装に注意

上高地は夏の時期でも平均気温が20℃~22℃くらいとなっています。9月頃には平均気温17℃くらいとなり、初冬にあたる気温となります。朝方は一桁台、日中は15℃~20℃くらいの気温となります。

10月には平均気温12℃代まで下がります。10月中旬頃には最低気温0℃という日もあったりして、雪が降ることもあります。

9月に行く場合は初冬の格好で行き、10月に入ったらしっかりと寒さ対策をした格好で行きましょう。暑い場合は脱いで体温調節をすればいいので、寒さ対策をしっかりとして向かうことをおすすめします。

上高地のサイトに天気予報も載っているので参考にしてみてください。
上高地ホームページ

最後に

その日の天気によっても気温が変わってくるので、天気予報を確認して服装を決めてもいいでしょう。サイト内の「かみこうち通信」では、簡単ではありますが記事を更新しているので参考になると思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

上高地ホームページ かみこうち通信

上高地の気になる口コミはこちら【楽天旅ノート】

スポンサーリンク

 - 紅葉 ,