梅シロップの白カビの対処は?混ぜるのは?カビの出ない作り方も紹介

      2017/06/26

f442582de0ffc9c93ac8d502064361cc_s

自家製の梅シロップを自宅で作ると、色々な飲み物で割って飲めて美味しいですよね。
そんな梅シロップ、作っている途中で梅の様子がおかしいことってありませんか?

梅が白い何かに覆われていたり、何だか泡が出でいるような、おまけに白い浮遊物まで…
1年に1回の作業なのでどうしていいのか分からないことも多いですよね。

そこで今回は、梅シロップについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

梅シロップの白カビの正体は?

容器に入っている上の方にある梅が白くなっていることありませんか?
白カビと思わている方が多いですが、その正体は梅からでる天然酵母です。

液体に浸かっていない梅が発酵して白いカビの生えたようになります。
匂いを嗅いでみて葡萄酒のような香りがすれば酵母ですが、明らかに匂いがおかしかったらカビも生えている可能性があるので注意してくださいね。

この酵母自体は特に害はないようなのですが、どうしても気になってしまい白くなったら捨ててしまう人が多いようです。
白色の酵母ではなく、青カビや赤カビが生えてきてしまった場合にはすぐに処分してください。

作り方の違いで白い酵母が発生したりしなかったりすることがあります。
私が家で作っている梅シロップは、1度も白い酵母が発生したことがありません。

白い梅が入っていたことが気になってしまう人は、その梅を取り除いた後で70℃くらいで5~10分低温殺菌してください。
熱をかけることで発酵を止めることが出来ますよ。

白い泡が出てきた場合は、そこまで泡がたくさん出てきていなければ問題はありません。
気になる人は10日以上浸けてあった場合は、梅の実を取り出して梅シロップをホーロー鍋があればそれに移し弱火で煮ていきアクを取り、覚ましたら冷蔵庫で保存してください。

10日以内で泡が出てきた場合には、梅の実を取り出し火にかけたらビンにまた梅の実と一緒に戻します。

スポンサーリンク

梅シロップの白カビを混ぜるのって大丈夫?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s
梅と砂糖を入れたらそのままシロップとなるまで放置する方法だと、上の方にある梅が発酵をして白くなります。
特に混ぜることもなくそのままの状態をキープしていれば問題ありません。

発酵の際のガスで内側が曇ったり、底から泡が上がってくることもありますがそのままで大丈夫です。
念のために白い梅の匂いを嗅いでおくのもいいかもしれませんね。

私の家では梅と砂糖と酢をを入れて、毎日ビンを揺らして混ぜる方法で作っていますが白く発酵していません。
白く発酵させないためには、毎日しっかりと混ぜることが大事になりそうですね。

白い浮遊物が浮いていたときは、そのままかき混ぜないでください。
白い浮遊物を除いて、梅を取り出しましょう。

その梅をホワイトリカーで洗ってください。
ホワイトカーとは、無色透明で香りやクセも無い純粋なアルコール水溶液に近い焼酎。

シロップはこして、ホーロー鍋などで沸騰寸前まで熱します。

シロップを冷ましたら梅と酢を入れビンに戻しましょう。
ビンは熱で消毒するかホワイトリカーを使って拭いていきます。
後は毎日振ることを忘れずにしてくださいね。

梅シロップの作り方で白カビが発生しない手順を紹介

私の家で作っている方法は、白くなったことが1度もないので紹介したいと思います。
ポイントは氷砂糖を使うところと毎日馴染ませること
です。

<準備するもの>
・梅 1kg
・氷砂糖 1kg
・酢 50~100ml
・梅を保存する容器

準備するものは以上です。
まずは梅を水で洗い2~3時間ほど水に浸しアクを抜きます
アクを抜いた梅をキッチンペーパーなどで拭きましょう。
梅のヘタがあればとっておいてくださいね。

大きい梅にはエキスが染み出すようにつまようじで穴をあけていきます
そして容器の中に梅と氷砂糖を交互になるように入れていきましょう。
最後に酢を全体にかけるようにしてフタをします。

目安となる期間は1ヶ月程です。
実を取り出すまでは、毎日容器を振って全体を混ぜるのを忘れないように注意して下さい

梅の実が浮いてきてシワシワになっていれば実を取り出しましょう。
シロップにヘタや実の一部が混ざっているので、こしてあげるとキレイなシロップになります。

2~3週間で使い終わってしまうので、出来上がったシロップを熱で殺菌をしたことはありません。
気になる方は、シロップを熱で殺菌してください。

毎日振ってかき混ぜるのは大変かもしれませんが、全体を馴染ませるためなので欠かさずに行ってくださいね。

最後に

白く発酵するのが気にならない人はそのままそっと時期が来るまで置いておきましょう。
白くなるのが気になる人は、対処して以上の方法を試してみてはいかがでしょうか。

しわしわになった梅の使い道についての記事もありますので、一緒に参考にしてみてください。
梅シロップで残った梅のしわしわは使える?ジャムや甘露煮レシピ紹介

少しでもお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 季節食材 ,